まだ十分動くのにMicrosoftのセキュリティサポートが切れるから買い換えるのはもったいないです。方法はいくつかあります。

比較的新しいパソコンでコストをかけてでも使いたい場合は、

  • パソコンのスペックが許すならWindows7やWindows8をインストールして使う。
  • メモリ(RAM)を最大まで増設する
  • HDDを交換するか、高価だが高速なSSD(Solid State Drive:フラッシュメモリドライブ)に交換

パソコンの性能不足の場合や、コストをかけたくない場合は、

  • Linuxをインストールする。通常版が重い場合は軽量版Linuxを選択する。OpenOfficeやLibreOfficeを利用する。
  • Windows7、Windows8、Linuxともに無理な場合は、XPを最終版のService Pack3までアップデートして、可能な限り使える更新をしながらサーバーでウイルス対策可能なWebメールを活用する。
  • JAVAやFlash Player、Adobe Readerなど脆弱性の多いアプリケーションはアンインストールする。
  • WordやExcelのデータ作成、印刷専用機にする。
  • 外部とのデータやり取りは、他のパソコンでデータのウイルスチェックしてから、データを取り込む。

しかし、どうしてもコストや手間がかかってしまいます。最新のCeleronやPentiumを搭載して低価格PCでもいいのでWindows8やWindows7のパソコンを購入するのが一番安上がりで長期間使えます。